新着順:37/48 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

千葉大会 準々決勝

 投稿者:管理人  投稿日:2011年10月 7日(金)20時10分43秒
  通報 返信・引用 編集済
  千葉英和-千葉経済の試合を天台で見てきました。

別会場で習志野敗退の報を聞き、この試合は経済有利の予想をしてましたが、
今年の千葉大会の様相を見ると、結果は最後まで分からないかも?という思いが
反映された試合でした。

試合は1回の裏、千葉経済が2死満塁と攻め立てましたが、六番志田君が放った三塁線の
鋭い打球をサードがダイビングキャッチ。ハーフバウンドの難しい打球でしたが、見事な
守備でサード封殺でピンチを切り抜けたプレーが大きかったですね。
この打球が抜けてれば経済が2点先制。一方的な試合になってたかもしれません。

千葉経済の先発は村田君。ストレートは見せ球でスライダー勝負の投球で序盤は
ピンチを凌いでましたが、3回表、英和がランナー1塁でヒットエンドランを敢行。
三番打者が右中間にライナーの打球を飛ばし、それをライト松浦君が後逸。記録は3塁打でしたが、
体で止められる打球だったので私的にはエラーかと思いました。
この打球を取れないのに無理してスライディングしないで、普通にワンバンドで捕球
してれば1,3塁で、四番のライト前タイムリーの一点で結果済んでましたの悔やまれます。

試合が拮抗し、終盤にその一点で勝利を決する試合であれば、スライディングも有りの
プレーでしたが序盤でギャンブルのプレーは経済らしくなかったです。

おそらく新チームでポジションも固まってなかったんでしょうね。
ライトの彼はその後ファーストに移動しましたし。今日の悔しさを来年晴らしてくれれば
と思います。

また、結果的に決勝点になった英和の3点目も村田投手が2連続で暴投し、
2塁ランナーを還してしまいました。

本当に経済としては負けた気がしないでしょうね。

さて、英和で印象に残ったのは、キャッチャーでトップバッターの大越君。
センスの塊の様な選手ですね。しかも、野球勘が鋭くの頭の良い選手に感じました。
相手ピッチャーの配球をまるで読んだ如く、経済:村田投手のスライダーを見事に
ショートの頭を超えるように打てば、守備もバント処理がすばらしい!
三塁側にボールを追いかけ、背中の方にあるファーストに流れるように振り向きざまに
見事な送球。
内野ゴロの一塁カバーも見事な走力でカバーしますし、リードも打者の弱点を徹底的に
攻めたり、打ち気のバッターには高めのつり球で誘ったり手玉に取ってました。

今日見てて、速球が持ち味の艫居君を生かしてるのも大越君が居てこそ。という試合でした。
今後、注目したい選手です。

最後に経済で印象に残ったのが、センターの高橋君。7番打者でしたが、ダブルクリーンナップ的な下位の4番という感じですばらしい打球を飛ばしてました。

現在は試行錯誤的に選手起用をしてるんでしょうが、来年は習志野、経済が中心になりそうな
千葉県でした。

それにしても、英和のユニフォームはすごいですね。
レモン色。作新のクリーム色なんか白に見えてしまうくらいの濃い色でした。
まるで、この掲示板の背景色...
 
》記事一覧表示

新着順:37/48 《前のページ | 次のページ》
/48