teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


頑張って

 投稿者:新参者改めいつの間にか古株  投稿日:2019年 2月18日(月)14時05分2秒
返信・引用
  伊藤、小郷、両選手オープン戦に出場してますね、頑張れ応援してるよ  
 

古株さんに同感

 投稿者:昭和の卒業生  投稿日:2019年 2月 8日(金)22時01分11秒
返信・引用
  強化クラブのHPは大学の管理管轄のようです。総務部、広報部でしょうかね?
ラグビー部、サッカー部のHPもまだ昨年のままである。これだけ情報が飛び交う時代遅れをとっている。野球部は日本一、サッカー部は関東一部リーグ昇格が無駄になっている感じだ。情報時代にマッチするホームページを望むところだ。大学が管理しているのであれば怠慢であり、笑われる。こんな事だから日東駒専にどんどん離されるのだ。
 

無題

 投稿者:新参者改めいつの間にか古株  投稿日:2019年 2月 7日(木)09時49分11秒
返信・引用
  立正大学硬式野球部のホームページ 硬式野球部紹介 硬式野球部の歩み そろそろ更新したら如何ですか。このページの管理者の無関心さに呆れてます。  

森林 公園さんに同意。

 投稿者:通い熊  投稿日:2019年 2月 5日(火)17時16分8秒
返信・引用 編集済
  森林 公園さんのご意見に深く同意します。
学園新聞で現状のチーム紹介と中村駅伝監督のお話が少し掲載されていましたが、
情報があまりにも少ないですよね。

先日行われた埼玉駅伝では、武蔵野学院という大学もA、B 2チームを送り込み、
新興著しい日本薬科や復権を狙う立教を下して優勝しています。
森林 公園さんが挙げられているような台頭を期する大学を含め、
立正は現時点でそのような大学陣には少し水をあけられている感は否めませんが、
熊谷キャンパスにクロカンコースを整備するなど本気も感じますので
是非とも頑張っていただきたいですし、熱く応援したいと思っています。

硬式野球部の応援掲示板上で恐縮ですが、
情報を共有できたらうれしいです。
まずは箱根予選会出場を目指し、頑張れ!立正大学陸上競技部駅伝チーム!
 

駅伝

 投稿者:森林 公園  投稿日:2019年 2月 4日(月)23時23分59秒
返信・引用
  駅伝の情報がなくてさびしいですね。どんな選手がどこから何人入ってくるのか毎日情報収集してますが、何もありません。箱根は本腰で強化さえすれば最速3年で出られます。城西が創部3年、東国・上武・平国が創部5年で出ています。麗澤・駿河台・日薬・明学・東経は本気になっています。創価も最強のスカウトをし、筑波・慶応・立教も狙っています。箱根に出るのは本当に厳しい状況です。早く出ないとこの先も永遠に出られません。まして全国に開放なんてされたら、ますます枠が減ってしまいます。全国のOBの力で本気で出しましょう。  

埼玉駅伝

 投稿者:通い熊  投稿日:2019年 2月 4日(月)15時51分37秒
返信・引用 編集済
  2/3(日)の埼玉駅伝。
駅伝チームの初陣と期待していましたが、結果「棄権」とな。
陸上競技部のTwitterも更新されておらず、いったい何が???
 

みんな頑張れ!

 投稿者:進路 (但:非公式情報)  投稿日:2019年 1月23日(水)02時18分18秒
返信・引用 編集済
  釘宮光希   投 日大三       日本通運     <社会人>
鈴木友也   投 越ケ谷       埼玉県信金    <軟式>
木寺凌世   投 成立学園     solekia       <軟式>
新村佳汰   投 駿河総合     大場機工      <軟式>
濱田和     投 鹿児島商     東洋機材
酒井謙多   投 高川学園     リバイブル
海藤将一   投 鶴岡東       T-GAIA
池田瞳夢   捕 関東一       BC・茨城    <独立>
木下朗     捕 戸塚         日本通運      <社会人>
伊藤弘法   捕 桐光学園     ジェイプロジェクト  <社会人>
伊藤裕季也 内 日大三       横浜DeNA  <プロ>
吉田泰真   内 天理         フェデックス   <社会人>
中島健寿  内 白鴎大足利   スリーエスリンク
中尾勇斗   内 九州国際大付 ハウスメイト
井上健太   内 筑陽学園     田島
對馬雄大   内 弘前学院聖愛 ヴィンテージデザイン
辻田昂祐   内 和歌山東     JAわかやま
小郷裕哉   外 関西         東北楽天     <プロ>
石森亨     外 浦和学院     BC・新潟    <独立>
土井慎二   外 関西         旭鋼管工業
宮澤一成   外 東邦         留学









 

伊藤裕季也DeNA 奮闘中

 投稿者:2019.1.14  投稿日:2019年 1月15日(火)03時22分32秒
返信・引用 編集済
  <サンケイスポーツ>
DeNA新人合同自主トレ、D2位・伊藤裕は“動ける100キロ”!?
塚山公園の展望台に トップでゴールDeNAのドラフト2位・伊藤裕、
2位はドラフト1位・上茶谷

 DeNAの新人合同自主トレが14日、
神奈川・横須賀市のベイスターズ球場で行われ、
恒例の山登り走を実施。
球場から約2・2キロ離れた塚山公園の展望台
(標高133メートル)まで走るもの。
競争ではなかったが、
D2位の伊藤裕季也内野手(立正大)が
トップで頂上に到着した。
 息を切らせながら走り抜いた伊藤裕は
「思ったよりきつかったです。
見たことのない(傾斜が急な)坂もあった。
長距離は得意です」。
 2番目だったD1位の上茶谷大河投手(東洋大)は
伊藤裕について
「山の神やな。“動ける100キロ”でお願いします」と
笑顔で要望。
この発言に伊藤裕は「100キロはない。95キロくらい。
体は絞れています。この体形にしては走れます」と笑顔だった。

http://

 

練習始め

 投稿者:ハマの団長  投稿日:2019年 1月15日(火)02時51分57秒
返信・引用 編集済
  <019.1.8 05:00 サンスポ>
秋春『連覇』だ!立正大・坂田監督も気合/東都

 立正大は7日、昨秋の明治神宮大会に続く
大学日本一を目指し、新年の練習を開始した。

DeNAのD2位・伊藤ら主軸が抜ける中、
    新主将の根本は
「スローガンは『連覇』。
   戦国といわれる東都らしい、
      守りからつなぐ打撃の野球
                 をやっていきたい」。

坂田監督は「チームが変わることで
危機感を持って成長させたい」と引き締めた。 (熊谷市)

https://www.sanspo.com/baseball/news/20190108/unv19010805000003-n1.html<2019.1.14-13:30 サンスポ>

http://

 

サンデーモーニング

 投稿者:九州の卒業生  投稿日:2019年 1月13日(日)10時17分47秒
返信・引用
  今朝のサンデーモーニングに立正大学ラグビー部監督の堀越正巳氏が出演していました。
ラグビー部をもっと強くしたいと言っていました。
今季の成績は『カツ』でしたので、来季は『あっぱれ』と言われるように頑張ってください。
 

駅伝チーム情報

 投稿者:通い熊  投稿日:2019年 1月13日(日)01時58分47秒
返信・引用
  1/10発行の学園新聞最新号に駅伝チーム情報が掲載されてます。
頑張れ立正大学陸上競技部駅伝チーム!

http://www.ris.ac.jp/introduction/outline_of_university/public_relations/newspaper.html
 

伊藤裕季也DeNA 「青星寮」に入寮

 投稿者:ハマの団長  投稿日:2019年 1月10日(木)01時35分57秒
返信・引用 編集済
  <サンケイスポーツ>
DeNAのD2・伊藤裕はノムさんの著書持参で入寮

 DeNAのドラフト2位・伊藤裕季也内野手(立正大)が
7日、神奈川・横須賀市の若手寮「青星寮」に入寮した。

 伊藤裕は野村克也氏(本紙専属評論家)の
著書「野球論集成」を持参。
同大野球部の坂田精二郎監督が社会人の
シダックスに所属していた際に、
野村氏が監督を務めており、
坂田監督からの推薦もあって、
伊藤裕は同書を愛読していた。

 「学ぶことばかり。投手の配球や性格を読むということが
一番印象に残っています」。
2月からの沖縄キャンプにも持参する予定だという。

https://ameblo.jp/mori-tomohiro/entry-12423650189.html
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 1月 3日(木)17時14分1秒
返信・引用
  本年もよろしくお願い申し上げます。  

大晦日ですね。

 投稿者:立正大学OB1号  投稿日:2018年12月31日(月)13時49分18秒
返信・引用
  今年は立正大学硬式野球部にとって素晴らしい年でした。
来年はさらに素晴らしい年になることを期待しています。
すなわち、まだ達成していない連覇ですね。
それに春季リーグ戦の優勝と大学選手権出場がありません。
連覇して春制覇と選手権制覇と一挙に達成することを熱望しています。
それと立正から首位打者が誕生していません。
各シーズン順位の後に、首位打者の名前と所属校が書かれているのが羨ましくてなりません。
立正大学体育会は、硬式野球部日本一、サッカー部関東1部初昇格と夢のような一年でした。
強化クラブではラグビー部が残念でしたが、来年は一部復帰を必ずやりとげてくれると信じています。
強化クラブのトップリーグ揃い踏みは悲願でもあります。
硬式野球部・サッカー部・ラグビー部の強化クラブの諸君、強化クラブにはまだなっていない立正大学体育会の諸君、応援指導部の諸君
声援掲示板の皆様
良いお年を!

某立正大学OBより心からの友情を込めて
 

(無題)

 投稿者:祝賀会  投稿日:2018年12月24日(月)03時10分8秒
返信・引用 編集済
  <サンスポ>
立正大学野球部の東都大学秋季リーグ戦優勝と
明治神宮大会優勝祝賀会が19日、東京・港区の
新高輪プリンスホテルで行われ、関係者ら約550人が祝った。

 野村克也氏(サンケイスポーツ評論家)が
立正大の坂田精二郎監督と、社会人野球シダックスで
都市対抗準優勝時の監督と捕手だった関係で、祝辞を述べた。

 主将でDeNA2位指名で入団する伊藤裕季也内野手、
楽天7位指名で入団する小郷裕哉外野手は、その後、野村氏にあいさつ。
小郷は「“楽天7位の小郷です”とあいさつしたら、
『がんばれ』と声をかけていただいた。
坂田監督から野村さんの教えを吸収して、本を4冊読んでいて、
ここまでになれたと思っていて、
本人に会え、自分の人生で忘れられないことになった」と興奮していた。

<スポニチ>
今秋東都大学野球1部リーグと明治神宮大会を制した立正大の優勝祝賀会が19日、
都内ホテルで行われ、OBや関係者約550人が出席した。

 坂田精二郎監督のシダックス時代の恩師である野村克也氏が来賓で出席。
祝辞で登壇し「坂田君を筆頭に腕を磨いて
アマNo.1に君臨できるように頑張ってほしい。
もうあの世へ行きますので、あの世から見ています」と、
“ノムさん節” で場内を沸かせた。

 自身と同じ捕手で、ID野球を伝授した坂田監督には
「プロにどんどん選手を輩出してもらって、名監督になってもらいたい。
そういう要素を持っている」と力強くエール。
坂田監督は「そう言ってもらえて感無量です。
野村さんの名に恥じないよう、少しずつでも恩返ししたい」と
感激の面持ちを浮かべた。

 また、優勝メンバーでプロ入りする
DeNA2位の伊藤裕季也内野手と
楽天7位の小郷裕哉外野手には
「プロに入るのは簡単だけど、
1人歩きするのが大変。入ってからが本当の勝負」と
ゲキを飛ばしていた。


<スポーツ報知>
 11月に行われた明治神宮野球大会で9年ぶりの優勝を果たした
東都1部・立正大野球部の優勝祝賀会が19日、都内で行われた。
式典では、坂田精二郎監督(44)にID野球を薫陶した
元楽天監督の野村克也氏(83)が祝辞を述べた。

 小郷裕哉外野手(22)は、野村氏がかつて指揮を執った
楽天にドラフト7位で入団。
「頑張れよ」と、エールをもらい「野村さんの本を読んで
知識を吸収してきたので、本人に生でお会いできたのは、
いい経験になりました」と、声を弾ませた。

 「野村ノート」など、4~5冊の愛読書は、寮にも持参する。
「野村さんの話にあった『捕手が育てば勝てる』という言葉は、
監督がよく言っていたので(捕手の)木下に協力する形で戦った。
(プロでも)最大限の準備をして、頑張りたい」と熱を込めた。

<日刊スポーツ>
東都リーグの立正大が19日、都内のホテルで
秋季リーグ、明治神宮大会優勝祝賀会を行った。

OB、関係者ら約550人が出席。
来賓祝辞には、坂田精二郎監督(44)が
シダックスでプレーした時の監督だった野村克也氏(83)が
車いすで登壇。約7分間の祝辞を贈った。

野村氏は坂田監督の活躍に
「こういう教え子が出るのは幸せなこと。
(現役時代から)リーダーになるような資質を持っていましたから。
プロをどんどん輩出して、名監督になってもらいたいね。
その要素は持っていますよ」と太鼓判を押した。

恩師からエールを送られた坂田監督は
「感無量です。(野村野球の)僕は伝道師ですから。
野村さんの名に恥じないように、引き継いでいきたいです」と力を込めた。




 

2019年新入部員!

 投稿者:もぐら  投稿日:2018年12月20日(木)18時00分44秒
返信・引用 編集済
  立正大野球部 スポーツ推薦合格者を発表 U18日本代表の奈良間ら22人
スポニチより

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000083-spnannex-base
 

(無題)

 投稿者:スコアラーX  投稿日:2018年12月19日(水)22時18分16秒
返信・引用
  優勝祝賀会の記事です。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/19/kiji/20181219s00001089241000c.html
 

(無題)

 投稿者:寅さん  投稿日:2018年12月13日(木)21時55分26秒
返信・引用
  糸川君、渡辺君も相当研究されると思います。さらなる課題をもって取り組まなければ、同様の結果は残せないと思います。同じ選手に同じようにやられるほど東都は甘くないですね。現状維持は後退です。常に進化していかないと成長は見込めません。新チームは、過去の実績に関係なくゼロからの出発です。全員にチャンスがあると思います。来年の話をして恐縮ですが、来春はリーグ優勝、大学選手権初優勝を期待しています。
がんばれ 立正大学!
 

(無題)

 投稿者:卒業生  投稿日:2018年12月13日(木)12時52分55秒
返信・引用
  祝勝会が19日新高輪プリンスホテルで開催されるようですが、優勝の浮かれた気分もこの日まで。前回のように五反田駅から大学までパレードをやらないほうが良い。プロ野球じゃないのだから!!  

(無題)

 投稿者:スコアラーX  投稿日:2018年12月13日(木)09時27分20秒
返信・引用 編集済
  あるサイトの管理人の方の評価です。
https://www.draft-kaigi.jp/university/univ-draftnews/44088/

見解は一致していない部分は多いですが(特に「来年は打線の主力3枚が抜けることは大きい。2年生になる宮里豊汰選手などの台頭が無ければ、かなり厳しい戦いになる。投手についても渡部・糸川の両投手は3年生になるが、絶対的な芯になる投手にはまだなっておらず、この二人に安定感を与える4年生の投手がほしい。しかし名前が挙げられる4年生が今のところいない」の部分)、1つの意見として読むのはいいことだと思います。

私の希望的観測も含めた見解です。

一昨年黒木投手と堀投手が卒業して投手陣の経験不足が不安視されましたが、いざ蓋を開けたら10連勝で東都2部を制覇しました。

過去にそういう実績もありますし、山本君たちの成長、倉田君や竹井君の復活と成長などで、糸川君と渡部君に依存することにならないように期待したいところです。

「立正大は2枚看板は残るものの、打線が大きな課題となりそうで、野手を育てながらというシーズンになりそうで厳しい戦いになるかもしれない」という記述については、異論があります。

出番は少なくても実戦経験を積んでいる選手はたくさんいますので、むしろ育てながらというシーズンは前期と今期だったと考えています(下記の投稿以外だと立松由宇君など)。

なので、あまり心配はしていません。

長々と失礼いたしました。
 

レンタル掲示板
/236