teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


子供らなりに~③

 投稿者:スタッフ  投稿日:2018年 6月17日(日)21時54分59秒 KD106173208184.ppp-bb.dion.ne.jp
編集済
  5回戦は、0ー1で折り返す。






何かしら、一体感を感じない。






ならば、最低でも、らしいリズムを






体感させたいと、






メンバーはためし、ためし。






そんな中、昨日はずしまくった子が、







ドリブル3人抜きから、最後はキーパーの






セーブをかわし、ゴール。






ドリブル練習通り。







素晴らしかった。







準々決勝は、延長で敗戦。






こんな舞台において、子供らそれぞれの、






メンタリティーの







ものさしの違いも、再確認((笑)







準々決勝の即席メンバーは、味合わせが良いかも。






良さと、良さの、噛み合わせも。






個人の技術、アイデアは、本当に低いが、





日に、日に。成長しているな。確実に。






秋には、この倍以上、技術力は、






上がるはず。






チーム戦術を徹底するよりは、






個人技術を徹底するほうが、






チーム力の波は、大きく崩れはしないし、






調子が悪いときは、個人の化けの皮が剥がれる










 
 

子供らなりに~②

 投稿者:スタッフ  投稿日:2018年 6月16日(土)22時30分10秒 KD182251132126.au-net.ne.jp
編集済
  本日は、







大隅半島高山会場での、県大会2日目。





3回戦、4回戦。






ただで、帰る訳にはいかんとは






思っていたが。






彼らが、ベスト16進出。






満足してはいないが、不思議な感じ。






チーム力はない。






どこで、差を埋めるか。






瞬間的な “” ひらめきと、ドリブル力 “”






難しいことにチャレンジしながら、






成長するためにチャレンジしながら、






上を目指している。







最後は、時間をかけ、トレーニングしている






個人力を、発揮しような。





PK勝ちも、初めて、魅せてくれました笑






明日からの舞台は、俺も一緒に、戦うわ笑





西日本ぶりに。





 

子供らなりに~

 投稿者:スタッフ  投稿日:2018年 6月15日(金)21時52分50秒 KD106173208184.ppp-bb.dion.ne.jp
  昨日は、ぼこぼこ笑




本日は、そこそこに笑






ミニゲームの狭い空間の闘いに






ボールテクニックと、






瞬間的なひらめきの差で、






低学年にやられたU12。






トレーニングしてきたものは同じはず。






それぞれの感度、想い、仲間への気配り、






それと、サッカーを上手くなりたいと思う気持ち。






この、ちぐはぐ感が今年の特徴。






同学年同士では、なかなかボールが






上手さを出しながらは回せない。






この学年の特徴。






このちぐはぐ感を、楽しみながらやな。






指導者のひらめきが、磨かれるしな。






さあ、明日は三回戦、四回戦。







 

今夜は~

 投稿者:スタッフ  投稿日:2018年 6月14日(木)00時09分43秒 KD182251139093.au-net.ne.jp
  1978年の決勝






アルゼンチンーオランダ






全てのプレーに味がある笑






勢いや、パワー任せではない。






ずっと、観れるし、眠くならない笑






ワールドカップ、決勝という重苦しい






雰囲気もなく、日頃から、このスタイル






なんやろうなと、感じる。






緊張感が表ににじみ出ないしな。






全プレイヤーから、感じること。






たまらなく、フットボールが好きな人に見える







たまらなく、ボールに触れることが






好きなんだろうなと笑










 

ヨハン・クライフ

 投稿者:スタッフ  投稿日:2018年 6月12日(火)22時16分27秒 KD106173208184.ppp-bb.dion.ne.jp
  皆さんも、見ているとは思うが、





先週より、過去のワールドカップの





決勝が放送されている。






その中で、初めて見たのが、






78年、伝説の試合 オランダー西ドイツ






ヨハン・クライフ率いるオランダ。





ヨハン・クライフの立ち姿






歩き方、走り方






ドリブルする姿勢、






シュートする姿勢、






パスする姿勢、






どれもとっても、美しい。






この時にクライフが、口にしたのが、






サッカーは魅力的であり、美しいものであると。






優勝したのは、西ドイツ。







ドイツの優勝もなんだけど、記憶に残ったのは、






当時のサッカーファンに焼き付いたのは、クライフ。






魂が一番震わされたもの







期待感を感じさせてくれるもの






それが、クライフの存在であり、オランダサッカー。






そんなクライフを、そんなオランダを






産み出した、オランダ代表監督。






この時は、同時にバルセロナの監督も、






歴任していたらしい。名前は忘れた笑







魅力的なものとは?






何かわからないが、心引かれるもの





ずっと、その場で、同じ時を過ごしたいもの






ずっと、その魅力的なものを、いつまでも、






眺め続けていたと感じさせてくれるもの。






90歳の元教師が、魅力的な教室とは?






の問いに答えたもの。






そのまま、フットボールにおきかえられるな。






指導者それぞれ、魅力的なもの価値は






違う。だからこそ、フットボールも、






同じ競技なはずなんだけど、






同じ競技者には見えないことも多々ある。







心引かれる、何かを発信できるように。






病みつきになるように笑
 

県大会①

 投稿者:スタッフ  投稿日:2018年 6月10日(日)19時28分33秒 KD182251131175.au-net.ne.jp
編集済
  まずは、最高の会場。





全日本でも使用する会場。






1つの思い出だな。






試合では、大差で勝ちながら、






試合後は涙を流す選手も。






わかるやろ~、感じたやろ~、





勝利さえしておけば、






気持ちよくなるものでないと。





今日のゲームで、






ワクワク感ある、ナイスなタイミングのプレーの






片鱗を魅せたのは、





U11ばかり笑






本番で、くっきりわかる実力。





勝負感のセンスも、くっきり、出てくる。





試合で、表に出てこなかったのは、指導者のせい。






反省。






この世代、最高の勝利で、ピンとくるのか、






最高に悔しい負け方が必要なのか。






彼らの顔つきが、男らしくなく、残念やった。





期待しずぎてたのかな。







さあ、来週の結末が楽しみだ。










 

深夜の日本代表戦

 投稿者:スタッフ  投稿日:2018年 6月 9日(土)21時30分8秒 KD182251130174.au-net.ne.jp
  深夜の日本代表戦。





後半に入れて欲しかった選手起用は、






ほぼ同感だったな。香川意外(笑)






日本の実力通りの試合だったな。






大迫の早期交代がなければ、






前線はまだ、変化が見られたかな。






武藤のファーストコントロールは、あり得ない。





まだ、岡崎のほうが回りと上手く噛み合ったはず。






ワクワク、ワクワクさせてくれる場面は、





乾と、大島が、前を向いて、進んだときだな。






昨夜のチームのテストは合格点。





パラグアイ戦は、勝つか、引き分けやろうな。






西野監督も、納得の敗戦のはず。





あっ、川島ヤバイやろ~笑
 

いらっしゃいませ~新入部員(笑)

 投稿者:スタッフ  投稿日:2018年 6月 8日(金)23時49分43秒 KD106173208184.ppp-bb.dion.ne.jp
編集済
  新しい仲間が、増えました~。






嬉しいですね。遠方より遥々。






出逢い、ご縁、必然。






自分の想い描く、






フットボールプレイヤーに






なれるよう、クラブが精力を









注ぎます。










暑い夏が、まもなく始まる。






子供らに、一番伝えたいこと






クラブとして、未来に残したいこと






子供らのジュニア時代で






洗い落ちが出来ない程






しつこい○○○○○○○を







染み込ませたい。






少年時代に、こうしとけばよかったと、





思い返すことが少しでも、小さくなるように。






負けたとしても、






何かを残し、痛感させてあげることが、






未来への自信に繋がり、指導者の大切な役割だ。






これからの伸びに期待。






個人力も、チーム力も。






ワクワク、ドキドキ、ゲームが目標だな。






この世代は、低学年時代から、万年下位リーグ。






しかし、この世代も、いよいよ







上を目指さて、臨戦態勢へ~。






もしかしたら、もしかしたら、






大舞台で何かを~。







イメージは、11月の全日県大会で、






インパクト&サプライズをぶちこむ)笑)






この世代にしては、初の県大会。見ものやな。









 

虹が綺麗やな~

 投稿者:スタッフ  投稿日:2018年 6月 7日(木)00時23分39秒 KD106173208184.ppp-bb.dion.ne.jp
  子供らには






指導する。指し導く。






大人の経験、情報を伝える。






その他にも、様々な関わりがある。






そして、






子供らに備わっているものがある。






それは、






自ら、“”育つ力“”という力。






子供ら自身が引き起こす、育成力。






大人が関わり過ぎると、






消えてなくなる恐れもあるかもな。






計算高く、駒のように扱いやすいようにしても






本物には勝てないような気がする。






養殖は、天然には、勝てないということ。






どんなだけ、眠る良さを引き出すか。






子供らの可能性は、無限だな。






本日の綺麗な虹のように







フットボールからも、美しさが






感じられるように。










 

ワクワク感、ワクワク感。

 投稿者:スタッフ  投稿日:2018年 6月 5日(火)21時24分22秒 KD106173208184.ppp-bb.dion.ne.jp
  サッカーの試合がはじまり






あなたは、何を求めてますか?






と聞かれた。






得点、勝利、感動。色々ある。






あなたは、ワクワク感なんですね。と。






ボールが収まり、さあ。






ワクワク感と、期待感。






今から、何かが、起こるぞと。






ワクワク感は人それぞれ。






ネイマールが復活。






ネイマールがボールを持つと、





ワクワク感が、心の中に広がる。






日本代表、ワクワク感が広がる選手。






乾くらいかな。






ボールコントロールは基礎になる。
それがなければ、ボールを追いかけ、

ひたすら、ひたすら、走ることが中心になる。
それは、違うスポーツになってしまう。
(ヨハン・クライフ)






あなたは、フットボールを心から、






楽しんでいますか?
 

レンタル掲示板
/168